平成最後のアラサーニート・田舎で独立するってよ

平成最後の年に仕事をクビになったアラサー野郎がブログで働かずに稼いで生きる!リアルドキュメント!!

【30日無料体験】 Amazon オーディブルの使い方:失敗しない返品方法

f:id:nobu_51478:20181022202202j:plain

みなさんこんにちは、ノブです。

読書の秋ですね!僕は山暮らしなのでもっぱら電子書籍を使うことが増えました、

そんな中Amazonの本を朗読してくれるサービス「Amazonオーディブル 」が熱いと聞いて、30日間の無料体験に入会してみました。

 

これすごくストレス無く本が読めて気持ち良い!

Amazonオーディブル体験してみよう

今回は入会とアプリについて解説

 

まずはAmazonオーディオのリンクから ページに飛んで「無料体験」をクリック。

Amazonのアカウントでサインイン出来ます。

f:id:nobu_51478:20181022205018j:plain

 

その後スマホタブレットに専用のアプリをダウンロードします。

各種アプリのダウンロードはこちら

f:id:nobu_51478:20181022205426j:plain

 

なんでWindowsはOKでMacはあかんのや!?

 

端末へインストールが終わったら準備はOK

アプリへのサインインはAmazonのアカウントで出来ます。

音声コンテンツを無料で購入しよう

音声コンテンツの購入は

Audible (オーディブル):本は、聴こう。|ボイスブック配信サービス|Audible.co.jp

🔼からだとやりやすいよ、ブックマークしとこう。

音声コンテンツはコインで購入

Amazonオーディオに入会すると「1コイン」がもらえます、この「1コイン」で音声コンテンツを購入するシステムになってるのが特徴。

このコインは毎月1コイン自動で貰えますが、30日の無料体験が終わったら自動で月額1500円の有料会員になるので注意!! 

 

ページトップや検索メニューから好きなタイトルを選んで「コインで購入」を選択すれば自動でアプリにダウンロードされます。

ただし逆は(アプリからタイトルを購入)できないのが面倒い・・・

 

安定のホリエモン著「多動力」は人気ですな、他にもオススメはこちら。 

 

 

「多動力」は実際オススメです

 

他の音声はコインを返品してから購入、失敗しない返品方法は?

さて一冊本を読み終えたら続けてもう一冊!といきたいけど、コインが無い?!

別の本をダウンロードする前に「本を返品」しよう

 

#ここで注意なのが「モバイルサイトでは返品できない」・返品できるのはオーディブル会員のみという点

スマホから返品する場合必ず「デスクトップ用サイトを表示」にしよう。

f:id:nobu_51478:20181022205408j:plain

そして右上の「アカウントサービス」から「購入履歴(返品)を押し、聴き終わった本を返品する。

返品処理が終わると自動的に1コインが戻ってきます!

 

ダウンロードした本も自動で消えるので注意

 

f:id:nobu_51478:20181022205413j:plain

 

 コインが戻ったらまた好きなタイトルを購入しましょう、これで30日間は無料でずっと本を聴くことができます。

 

Amazonオーディオアプリで出来る事

専用のAmazonオーディオアプリだと以下のことが出来ます。

本を検索して「ウィッシュリスト」に追加

ブラウザで購入するときに素早くお気に入りの本を見ることが出来ます。

再生速度の調整 (急ぐなら1.25〜1.5がオススメ)

f:id:nobu_51478:20181022215408j:plain

スリープタイマーがある (章の終わりまであるのは便利だね)

 

f:id:nobu_51478:20181022215608j:plain

再生時間に応じてバッジが増えていく

f:id:nobu_51478:20181022205415j:plain

 

これまで何時間読書をしたのか一目でグラフ化してくれる。

f:id:nobu_51478:20181022205421j:plain

 

再生時間を「レベル」で表示、目指せ「真打」!!

f:id:nobu_51478:20181022205418j:plain

 

使ってみた感想

機械音声より聴きやすいし、挿絵や伏せ字で止まらないのがストレス無くて快適。 朗読するナレーター・声優さんが多いので耳が幸せ


 ナレーターや声優さんの一覧はこちら

 

Amazonオーディブルの30日無料体験をやってみる。

 

 

Amazonで得したいなら読みたい記事

 

www.kenzen-kuzuyaro.com